Top > 初心者講座

初心者講座
HTML ConvertTime 0.148 sec.

ご自由に編集どうぞ。

公式解説プレイムービー Edit

※この動画はクローズドβテスト時のものであり、現在とは大幅に仕様が異なる部分があります。

初心者のあなたへ Edit

ようこそ、フィギュアヘッズの世界へ。
さて、さっそくオンライン対戦!……といきたいところですが、まずは1人でも遊べるシングルモードをプレイしましょう。
そこで操作の基本に慣れると同時に、オンライン対戦で使える装備やゲーム内キャッシュをゲットし戦いに備えましょう。

まずはシングルモードにチャレンジしよう Edit

シングルモードは既にセットアップされた機体で構成された分隊を操作して各種任務を遊ぶモードです(模擬戦は除く)。
クリアすると各種報酬が貰えるため、初心者はオンライン対戦に備えることができるありがたいモードとなっています。

特にシーズン1の1~4をクリアすることで「スナイパー、ヘヴィアサルト、エンジニア、ストライカー」各種機体のセットをもらうことができます。
初期状態ではアサルト、サポート、サポートの機体しか所持していません。これらの機体は自機として使うことも、僚機として使うこともできるため、必ず入手しましょう。

攻略方法はこちら→シングルモード

まずは、適当に全てをクリアするのでも構いません。しかし、全ての任務を星3つでクリアすると追加報酬などがもらえるため狙ってみましょう。
少しむずかしいのもあるため、シングルモードのページも参考にしながらチャレンジしてみてください。

フィギュアヘッズを機体にインストールしよう Edit

機体カスタマイズ画面の左側にある"FHインストール"から
ゲーム開始時に三人の中から一人選んだり、シングルモードの報酬として手に入ったフィギュアヘッズを機体にインストールできます。

ただし一度機体にインストールするとフィギュアヘッズはその機体の兵種に最適化され、習得できるスキルが固定されます。
フィギュアヘッズはゲーム内通貨で、一部が40000BIT、基本的には75000BITとなかなか高額です。
なので、始めたばかりで貰えるフィギュアヘッズをインストールする機体・兵種は慎重に選びましょう。

おすすめは自機で乗りたい兵種1機とサポート2機です。
サポートのスキルには修理・補給キットの性能を強化するものがあり、スキル有りとスキル無しではかなりの差があります。
修理キットを持たせる機体はクイックセット(修理)、リペアマスター、エクスパンション(修理)を、
補給キットを持たせる機体はクイックセット(補給)、オーバードース、ペイロードアップ(補給)、エクスパンション(補給)を優先して習得させると良いでしょう。

試合に出場してみよう Edit

2016年9月現在、フィギュアヘッズには以下の4つのマッチングがあります。
なおプライベートマッチを除き、すべて5人vs5人での試合となります。


  • カジュアルマッチ
    • 戦績が残らないマッチングです。
    • 3人までグループを組む事ができ、友達と同じチームで試合に臨むことができます。
      • グループを組んだ場合、対戦相手チームには優先的に同人数の別のグループが割り振られます。
    • 完全にランダムなマッチングではなく、ある程度の戦績が考慮されているようです。
  • ランクマッチ
    • グループを組むことができないマッチングです。
    • ランクスレベル20から選択できます。
    • レーティングによるマッチングが行われます。
    • ここでの試合結果はプロフィールの試合成績に反映されます。
    • STAMP入手確率がカジュアルマッチよりも若干高くなります。
  • クランマッチ
    • クラン同士によるマッチングです。
    • ここではSTAMPの入手確率が100%となっています。
  • プライベートマッチ
    • 敵味方共に友達同士でのプレイや大会など対戦相手が予め決まっている必要がある場合に使用されます。
    • BITやSTAMPを入手することはできません。

この他にも期間限定でイベントマッチが開催される場合があります。


さらに、試合に出場して経験値を溜めることでランクスレベルが上がり、報酬がもらえます。
特にレベル5では中量級Sports装甲のグランソルダートが支給されるので、中々分隊全てのパーツをそろえられない序盤では大いに役立つでしょう。

各企業、どのパーツを使えばいい? Edit

シングルをクリアしたらある程度Bitも貯まり、機体もいくつか手に入りました。
パーツなんかを変えてみたくなりますよね? そこで各企業のおおまかな特徴を掴んでおきましょう。

G.I.W.(緑背景のアイコン) Edit

ショップなどで緑背景の武器・パーツがG.I.W.社製のものです。
特徴は「威力・装甲特化」で威力や装甲値の高さがウリですが、重量が非常に重く、機動力が犠牲になっています。
耐熱値はSALIOとNNRの中間で、若干低いです。
装甲特性は「スタビライザー」で、合計した数値が高いほど怯み難くなります。
中量級、重量級パーツの値段が高いです。

サリオ(青背景のアイコン) Edit

ショップなどで青背景の武器・パーツがサリオ社製のものです。
特徴は「軽量特化」で、全体的に軽い代わりに威力や装甲値など性能はジャンク品と大差ありませんが、全体的に弾薬数が増加しています。
耐熱値はJUNK以下で、非常にもろいです。
装甲特性は「アンチレーダー」で、合計数値が高いほど、機体がマップから早く見えなくなります。(レーダーの範囲から出るor目視されなくなってからのマップ表示時間)
軽量級パーツの値段が高いです。

NNR(赤背景のアイコン) Edit

ショップなどで赤背景の武器・パーツがNNR社製のものです。
特徴は「バランスの良さ」で、全体的に威力や装甲値、重量などがG.I.W.とP.Oの中間に位置する性能になっています。
耐熱値はG.I.WとP.Oの中間で、若干高いです。
装甲特性は「ウィークコート」で、2Footコアに食らうことで入るダメージを数値分減らします。
どのパーツも他企業の中間程度の値段です。

Zendel&Sons(黄背景のアイコン) Edit

ショップなどで黄色背景の武器・パーツがZendel&Sons社製のものです。
特徴は「連射・耐熱値特化」です。G.I.W.社製のものと同じ重さですが装甲は装甲値を削ったかわりに耐熱値が増加し、武器は主に連射重視で継戦能力が低下するかわりに秒間ダメージが増加しています。
前述した通り耐熱値は最も高くP.O.以上で、非常に高いです。
装甲特性は「アンチEMP」で、これの合計数値が高いほどEMPグレネードを受けた際の状態異常時間が低下します。
中量級、重量級パーツの値段が高いです。

Public Orders (暗い水色のアイコン)  Edit

ショップなどで暗い水色背景の武器・パーツがPublic Orders製のものです。
特徴は「即応性、軽量、耐熱値特化」です。装甲はサリオ社製のものと同じ重さで、装甲値をサリオ社製からさらに削ってある代わりに耐熱値が上がっています。
また、武器は、サリオ社製より若干重い代わりに連射速度と攻撃開始、再開までの時間が優秀です。ただし、マガジン弾数が少ない武器が多い点には注意しましょう。
装甲特性は「カバーベール」で、カバー中の装甲値が増加します。
パーツの値段は軽量>中量>重量といった高さです。

Cartel(紫背景のアイコン) Edit

ショップなどで紫背景の武器・パーツがCartel製のものです。
特徴は「ピーキー」です。
装甲値、重量はNNR社製のものと同じ性能ですが、武器は全体的に威力か連射のどちらかに偏っていたりすることが多く、照準ブレが大きかったり攻撃開始が遅いなど数値化されにくい部分が削られている場合があります。
耐熱値はサリオとG.I.W.の中間で、若干低いです。
装甲特性は「デュラビリティ」で、2Footの耐久値を数値分増やします。
どのパーツも他企業の中間程度の値段です。

Junk(茶背景のアイコン) Edit

ショップなどで茶背景の武器・装甲がJunk品です。
武器は性能が企業の物に劣るものの比較的軽量であることが特徴です。
重量を踏まえてもJUNKレールガン以外はメイン武器としては心もとない性能で、基本的には繋ぎと割り切りましょう。
このゲームはメイン武器とサブ武器を外す事が出来ないので、使わないけど何か装備しておく必要があるという状況で利用されることもあります。


装甲も同様ですが、装甲形状が異なるために店売り品の完全下位互換と言う訳では無く、最低限の実用性はあります。
Junk装甲にはフレームコートという装甲特性がついており、フレームへのダメージを若干ですが減らすことができます。


また、Junk武器と装甲はアップグレードに必要な費用と素材が少なく、10段階目までスラッグのみでアップグレードできます。
(5段階までで累計1000BITとスラッグ8個、10段階で5100BITとスラッグ30個)
少ないとは言っても最初の内はBITもスラッグも貴重なので、アップグレードする場合でも費用対効果の高い5段階目で止めておき、なるべく企業製品の購入やアップグレードを優先しましょう。

パーツ選び発展編 Edit

パーツにはカタログでは把握できない性能がいくつかあります。フレームの露出と当たり判定の大きさがその典型例です。
カスタマイズ画面で右ドラッグすると2footを横方向に回転できます。
カタログ性能が良くても当たり判定の大きさで弾を食らいやすかったり、フレームの露出が大きく大ダメージを受けやすかったりします。
慣れてきたらそのあたりも考えて選んでみると良いでしょう。
このwikiの装甲ごとの個別ページで画像を見ることでも把握できます。


自機の動き Edit

まずはやられないように Edit

このゲームでは自機(プレイヤー操作の2foot)がとても重要です。
自機は破壊される度にリスポーンにかかる時間が増えていきます(詳しくはBOTgame参照)。最長で1分近く待たされることとなるため、戦場では1分、あるいはそれ以上の長い間劣勢の状態になってしまいます。
また、自機が破壊されている状態では僚機がリスポーンできません。あなたを含めた3機がいなくなるデメリットは非常に大きいです。
合わせて、プレイヤー機が撃破された場合はポストチャージ(画面上のメーター)が、10減ります。
つまりあなたがやられるごとに、チーム全体が不利になります。
逆に僚機が撃破されてもなんらデメリットは無く、30秒後に自機のいる位置に再登場してくれます。
チュートリアルなどでも説明されているように、自機だけが突出して攻め入るのではなく僚機を盾に、斥候に。自機のリスクを少なくした行動を心がけましょう。
公式サイトのチュートリアル動画を見ることをおすすめします。
クイックコマンドを使用することでとっさの出会いに対処できるようになります。


ポイント:僚機を駆使し、自機を守り、敵プレイヤー機を倒すことを繰り返すことで後半戦優位な状況でゲームを進めることができるようになる。

マップを確認する Edit

ミニマップやZキーからみれる指示マップなど、マップには様々な情報が表示されています。
拡大マップでは敵味方の装備している武器がわかるので、その後の立ち回りの参考にしましょう。
仲間の配置や拠点の状況など、常に確認しつつの行動を心がけましょう。

施設解説 Edit

指示内容
自軍アウトポスト.png敵軍アウトポスト.pngアウトポストチーム本拠点。中央にコア。
コアを攻撃することでポストチャージを減少させることができる。
周囲にタレットと呼ばれる強力な2Foot、またバリアで守られている。
自軍ピット.png敵軍ピット.pngピット本拠地近くに設置される機体修理、弾薬の補充が可能な施設。
占領不可。
ポストトリガー.pngポストトリガー制圧することで、敵アウトポストのバリアを解除できる。
中立状態で両軍にバリアが発生。
タレットトリガー.pngタレットトリガー自軍のタレットトリガーを制圧でタレットが起動。
敵軍のタレットトリガーは中立以上でタレット消失。完全に制圧しなくてもよい。
最大耐久値が大幅に高く,オートリペア有,状態異常無効。
破壊後、1分経過でリスポーンする。
リペアポイント.pngリペアポイント制圧することで機体修理が可能、また復活地点として選択可能になる。
サプライポイント.pngサプライポイント制圧することで弾薬の補充が可能。

まず重要なのがポストトリガー.png ポストトリガーとタレットトリガー.png タレットトリガー。
解説の通り、ポストトリガーは攻守共に役立ち、ここを制圧している限り自軍アウトポストを攻撃されることはありません。
仮に自軍タレットトリガーを占拠されたとしても、ポストトリガーさえ占拠していれば敵はアウトポストに攻撃できません。
またポストトリガーが占拠できていても、敵軍タレットトリガーを占拠できていなければ、敵軍アウトポストへの攻撃はほぼ不可能です。
また敵軍タレットそのものを破壊してアウトポストを攻撃することもできますが、破壊できる状況に持ち込むには様々な条件が揃う必要があるため少々難しいところです。


ポイント:ポストトリガーは最重要施設。

僚機を使いこなせ Edit

僚機は追従させるだけでは勿体無いです。
追従させている僚機は、プレイヤー機が攻撃されるかプレイヤーが攻撃しないと攻撃行動に移行してくれません。戦闘においてこのタイムラグは致命的です。
また、追従や警戒移動中の僚機は、敵を見つけると立ち止まって攻撃するため、敵からすればいい的になりすぐ破壊されてしまいます。
的確にカバーポイントに配置し、被弾を抑えましょう。


弱点を狙え!! Edit

2footには弱点があります。
まず頭部。ここは他の部位より装甲値が低く設定されています。
次にフレーム。装甲の隙間から見えているフレームを攻撃すれば、頭部よりもさらに大きいダメージを与えられます。検証結果によると、フレームの装甲値は、軽量級は50、中量級は250、重量級は420の扱いとなっている模様。
また、装甲の種類にもよりますが、首、肩、肘、腰、膝、足首の隙間からフレームが狙えるようです。ただし、隙間が無ければフレームを攻撃することはできません。
また、フレームコートは全身の値を合計した値がフレームへダメージから軽減されるようです。ウーナのスキルを使うとさらに300軽減されます。
最後に背部の2footコア。ここは最もダメージが高く、スナイパーライフルや近接攻撃(バックスタブ)など、一部の攻撃では一撃で撃破できます。検証結果によると装甲値は0で、3倍のダメージを与えているようです。
ダメージは【武器の攻撃力-被弾箇所の装甲値】で計算される模様。


被ダメージを少なくしよう Edit

ダメージが少なければそれだけ長く戦うことができ、戦況を有利にできます。次の方法で受けるダメージを極力減らしましょう。
・遮蔽物に隠れる
 マップに設置されているオブジェクトの多くは敵の攻撃を防げます。陰に隠れたり、近付いてカバーアクションを使って盾にしましょう。また、カバーアクション中は射撃の精度が上がります。
・弱点を隠す
 上記のように2Footには弱点があります。できるだけ背中のコアを見せないようにしましょう。また、フレームで最も被弾しやすいのは腰部です。腰が隠れるようにするといいでしょう。
・僚機を前に出す
 僚機は自機さえ生き残っていれば時間経過で復帰します。僚機を突っ込ませればダメージを減らしつつ攻撃でき、僚機が囮になることで敵の弱点が狙いやすくなります
・倒される前に倒す
 極論ですが、先に倒せば相手は直接攻撃ができなくなります。耐久値の少ない敵を集中攻撃したり特殊武器や近接武器で一気に削り切ったりしてしぶとく生き残りましょう。
・後ろを取る
 後ろから攻撃すれば弱点が狙えるだけでなく、敵の反撃までの時間も長くなるので結果的に被弾が減ります。

基本的な戦闘の流れ Edit

基本として自機は大切にしてください。死ぬ度にリスポーン時間が伸びるシステムのため、前半に死にすぎると後半に響きます。
自チームのリスポン待ちが長い状況で敵にコア攻撃を受け、一度で勝敗が決することもあります。

開幕 Edit

とにかくポストトリガーの制圧が最優先です。
これは、ロールがAttackであろうとAssistであろうと、Safeであろうと変わりません。
このゲームでの戦いはポストトリガーが基本となります。Attackはそこを足がかりに攻撃に移り、Assistはそこを基準に防衛戦を貼り、Safeはそこを基準に守ります。

この際、僚機に移動指示を出す場合は「移動攻撃」だと移動速度が遅い点に注意しましょう。
初動で敵との交戦がまだなさそうな場合や、最速で移動させたい場合は「移動優先」にて指示を出しましょう。これで僚機が走ってくれるので開幕の展開が素早く行えます。


次点でタレットトリガーの制圧が重要となります。ポストトリガーが取られてもタレットがコアを守ってくれるためです。ポストトリガーよりタレットトリガーが近いならばそちらへ行ってもいいでしょう。
さらに次はリペアポイントです。再出撃地点となるので戦線の維持に役立ちます。

制圧拠点重要度としては……
PT>TT>リペアポイント>サプライポイント
です

どちらかのチームがポストトリガーを制圧 Edit

ここから本格的な戦闘が始まります。ポストトリガーを取ったチームはそこを防衛し敵コア攻撃へ備えます。
惜しくも制圧に負けたチームは、自軍タレットを意識しつつ、敵の制圧したポストトリガーの奪取を目指します。


■リペアの取り合いを意識
サプライポイントは弾薬補充の意味しかありませんが、リペアポイントでは回復と同時に「再出撃(リスポーン)」が可能です。
これは自チームにとっては前線に素早く復帰するために役立ち、なおかつ、敵チームの前線への参加を遅らせることができる。という2つのメリットがあります。

例えば、Undergroundでは右奥ポストトリガーの手前に2つリペアが存在しています。この2箇所を抑えてしまえば敵はポストトリガー付近でリスポーンできず自陣から攻める必要が出てきます。
逆に、その2つのリペアを制圧できればポストトリガーのすぐ近くからリスポーンできるため防衛にとてつもなく効果を発揮します。
Trade Portでは、マップ中央にリペアポイントが存在しているため、ここを敵に取られるとポストトリガー&自軍タレットトリガーへの侵攻が容易になってしまうのでここも重要なポイントとなるでしょう。

敵の制圧しているポストトリガーを攻撃する Edit

さて、ポストトリガーを取られてしまった場合は奪取するために攻撃を仕掛けるしかありません。
しかし、ただ単純にポストトリガーを攻めるだけでは取り返すのは難しいでしょう。
陽動として敵のリペアを抑えてみる、タレットを制圧してみる、僚機を別方向から向かわせて自分は裏取りをする、STの砲撃で敵を散らせる、レーダーを設置して敵にバックスタブを決める、などなど思いつく限りの攻撃を試してみましょう。


注意が必要なのは、敵のポストトリガーを奪取するために行動しているときに自軍のタレットトリガーを奪われないようにすること。
自チームが2-3人リスポン待ちになっているときなどは特に注意です。敵はこのタイミングならいけると判断してタレットトリガーへの総攻撃、そこからのコア攻撃の流れが来る可能性があります。
レーダーを使用する、僚機をタレットで守らせておく。攻撃されてもフォローできるよう気をつけましょう。

タレットトリガーへの侵攻 Edit

ポストトリガーを占領、敵タレットトリガーを中立化すれば、コア攻撃により一気に試合を有利にできます。
しかし敵タレットトリガー付近は、戦闘地点が復活地点から遠のき、敵はピットによる回復で有利になるため、無闇な攻撃は被撃破数を増やしてチームを不利にしてしまいます。
すでにポストチャージで勝っている場合は迎撃に徹して撃破数を稼ぐのも選択肢です。
(自軍が撃破数で圧倒的に有利な場合は、全てを占領し、腰をすえてコア攻撃することも可能です。)


そうは言っても、互角な状況では大きなダメージがほしいですし、負けている状況ではコア攻撃しないとどうしようもありません。
では敵タレットトリガー占領とコア攻撃で重要なのは何か?それは敵の迎撃を最小限にするためのタイミングと速度です。
敵の多くが撃破されている、あるいは別の場所に気をとられて防衛に間に合わない状況で、ポストトリガー確保、タレットトリガーを中立化、と同時に敵コアに駆け込むといった分業、平行で進行させる手順が理想的です。
とはいえ不利な状況では、例えば敵に自軍タレットトリガーを攻めさせて、その隙にポストトリガーを防衛、同時に敵タレットトリガーにしかけていくような博打になったりもします。
また攻撃が成功しても、直後は不利になるため、防衛のことも見越さねばなりません。
いずれにせよ敵味方の位置を把握し、移動を予測、連携しないと難しいので、慣れないうちは自分から積極的に仕掛けるのではなく、上手なプレイヤーの判断を理解し、すばやく追随するようにしていくとよいかもしれません。

オプション設定を調整しよう Edit

オプション設定を変更することで、さらに快適にプレイできます。
デフォルトのままプレイするのは推奨できません


  • TPSカメラ感度・エイムカメラ感度・マウスカーソル感度
    特に重要な設定です。
    どの数値に設定したらいいのかは人の好みや環境により最適値が異なるため、一概にオススメの数値を書くことはできません。
    迷ったら振り向きに必要な移動距離が10cm~15cmになる程度が良いでしょう。
    フィギュアヘッズでは激しく旋回する場面が多々あるため、もう少し短めにしてもよいかもしれません。
  • FOV
    視界を調整することができます。
    数字を上げれば視界が広がり、より広範囲を見渡せるようになります。マックスだとほぼ俯瞰視点となるので、近接戦闘の際に戦いやすくなります(個人差アリ)
    ただし広げすぎると遠距離の敵が見えにくくなるので注意(FOV90以上)
    どの程度広げるかはお好みでどうぞ。
    銃撃戦を楽しみたいなら70~90がお勧め。近接戦で負ける、グレネードを回避できないといったことが気になる場合は110~120がお勧め
    ホーミングミサイルを使用する際遮蔽越しに撃ちたい場合は、
    視点位置をセンターにし100以上にするとプレイしやすいです。
  • 射撃補助マーカ
    ONを強く推奨。
  • エフェクト
    PCスペック次第だが出来れば最大にしたい。相手の弾道が見えやすくなる。
  • 自動スライディングカバー
    ONにすることでスライディングから自動でカバーに入ります。
    ただしスライディングのつもりが意図せずカバーポイントに張り付いてしまい、動くこともままならず敵から攻撃される悲劇が起こりかねません。
    OFFでもスライディング動作中にカバーポイントに触れた状態でカバー操作を行うことで同様の動作が出来るので、操作に慣れてきたらOFFを推奨。

  • サウンド設定のボイス頻度
    うるさいと感じなければサウンド設定のボイス頻度を「ALL」まで上げましょう。
    「ALL」でしか聞けない各種専用ボイスがあるだけでなく、試合中にボイスより得られる情報量が増える事でしょう。

分隊の編成について Edit

公式サイトにロール別ガイドがあり、おすすめ編成が書かれている
分隊の編成によりどう戦うか解説する

文中の略称の意味は以下の通り
より詳細な解説はそれぞれのページを参照のこと

略称重量別簡易説明
SNスナイパー軽量級狙撃用武器を使用する長距離支援型の兵種
ENエンジニア戦局を有利にするための工作活動が得意な兵種
ASアサルト中量級性能バランスに優れ、装備できる武器類の幅が広い基本となる兵種
SPサポートリペアキットやサプライキットなどサポート系の特殊装備を所持できる唯一の兵種
STストライカー重量級目視できない場所にもキャノン砲で上空から一定範囲を攻撃することが可能
HVヘヴィアサルト高火力にて敵を殲滅することに長けた兵種

アタッカー(ATK) Edit

役割は敵の撃破と施設の征圧重視
敵を撃破するために攻撃力と挟み込むための移動力が大切
ENを入れる事で制圧が楽になり、コア攻撃がしやすくなる

例1 Edit

  リーダー  僚機1  僚機2

   AS     HV    EN

自機に扱いやすいAS、僚機に火力用のHVと索敵用のENをチョイスした構成です
レーダーによって敵の分布を確認し、HVを投入するのがテーマ。その気になれば防衛もできます。気をつけるべきは、僚機HVが脆いこと。奇襲すればたいてい勝ち、タイマンでも強いHVですが、3機AR僚機がいたら死にます。二機だとしても負けることがあります。陣地攻めはよく様子を見て行いましょう。
HVは高火力のガトリングガンを積むべきです。打ち負けては元も子もありません。同様に、高い装甲値を持つGIW装甲を腕に採用することを推奨します。これだけで死ぬまでの秒数がぐんと増えます。遅いと感じたらアクセラレーターを積むと良いでしょう

例2 Edit

  リーダー  僚機1  僚機2
   HV     EN   AS(爆熱兵器) 

動き方
正面から火力で敵を倒す編成です。ENの高い制圧能力を使用して制圧しながら身近な敵をなぎ払います。
マップの中央より前にでることを意識して、ポストトリガーと敵TTが占領できた際ENのみをコア攻撃に行かせてコアを攻撃する事を意識します。
ENは移動速度が速くコアを攻撃できるのでコア攻撃のチャンスがある場合に最大限生かせます。
弱点は移動速度が遅い事でリーダー機が爆熱兵器に弱いことです。
事前に僚機を前に出し索敵しながら戦う必要があります

ENは速度より攻撃力を重視し、レーダーはGIW製を使う事により広範囲を調べられるのでコア凸を行うか判断できます。

アシスト(AST) Edit

PT制圧を積極的に行う。制圧後は敵TTへ。戦線を張り、正面での戦闘を主とする
ATKとSAFの援助も役目のうちだが、あくまでメインは前線維持なので、あんまり突撃したり、引きこもったりするのはNG

例1 Edit

 リーダー  僚機1   僚機2

   AS   リペアSP  弾薬SP

動き方
王道。分隊を中量機で揃えた走・攻・守のバランスに優れた分隊です。ゲーム開始時の初期編成でもあります。
初期の装備や編成って弱いんじゃないの?と思いがちですがそんなことはありません。
ASはロケットランチャーやグレネードなどの強力な爆熱武器を装備可能で、これらは重量機や固まっている敵機に有効です。
僚機のSP2機にアサルトライフルを持たせることで、爆熱武器に強く苦手な軽量機に対しても高い攻撃力を持ちます。
更にSPの持つ特殊装備によって前線で戦闘し消耗した味方の耐久値の回復や、爆熱武器の所持弾数の問題も解決し高い火力を維持できます。
このゲームは自機が倒されないことが重要なので、前線で回復しながら戦闘ができるのは大きなアドバンテージとなります。
機動力も確保されているので、敵の側面に回り2方向から攻撃したり、劣勢の味方にSPの装備を運ばせたり援護をさせるなど、状況に合わせて柔軟な行動できるでしょう。
特に弱点らしい弱点もなく、初心者から熟練者までおすすめできる優秀な編成です。ゲームへの理解を深めることでより真価を発揮することができる分隊といえます。

また、この分隊の武器はシングルモードのシーズン1をクリアしていくことで報酬として入手することができます。
ASにロケットランチャーのアルムブラストTF4を装備し、僚機にサリオ製とGIW製のアサルトライフル2種を持たせることで、装備がなかなか揃わない序盤にも安心して戦闘に赴くことができます。

例2 Edit

  リーダー  僚機1  僚機2
   ST     EN   弾薬SP

前に出ないで戦う事を意識した特殊兵装による分隊
ENのレーダーで敵を探し、ストライカーの火力で敵を倒す。
遮蔽に隠れた敵を倒すのに最適な分隊でENで拠点を占拠する。
味方が優位な場合は、ENにコア攻撃を行わせる。
正面火力がないため中量級の分隊に襲われた場合簡単に撃破されるのが弱点。
制圧やコア攻撃に最適。

セーフティー(SAF) Edit

拠点の防衛を重視
攻撃力と防御力が重要なため移動力はあまりいらない
G.I.W.製とNNR製複合キット、あるいはZ&S製が使いやすいと思われる
オートリペアも有効か

例1 Edit

  リーダー  僚機1  僚機2

   リペアSP   HV   AS

僚機の高火力で敵の撃破を行う拠点を守る分隊
RTSが得意な人におすすめ 配置が重要
弱点は遠距離攻撃でSNとSTに対して弱い。
敵STが近づいてこないように動きASでSTを撃破し、SNが近づかないようにSPで戦うことが重要。
HVを拠点に置く場合遮蔽物の陰に置き、SNに狙撃されない位置に配置することが重要。
HVが重量オーバーすると旋回性も落ちるため近づいてきた敵に対処できなくなるので注意する。
HVの足元にリペアを置くことで高い継戦能力をもてる。
自陣近くの味方の援護にいくことが重要。

例2 Edit

  リーダー  僚機1    僚機2
   SN    リペアSP   HV

RTSが苦手でTPSが得意な人におすすめ
TTの防衛は僚機に任せてSNによる地雷の設置や安全な位置からの狙撃を行おう
僚機は遠距離攻撃に弱いため壁を使って気をつけて配置し戦う必要性があります。

チームにおける編成 Edit

マッチング直後の分隊選択画面で、味方の分隊を見て自分の分隊を切り替えてみましょう。
リーダーASの僚機SP2機の構成は汎用性が高く、幅広い味方編成に対応できます。
SN,EN,STの3兵種はマップにより最低1機か2機はいないと不利になる場合がありますが、
4機や5機も必要ないといった具合です。
各分隊編成を1セットずつ持っておきチームごとに変えることで勝率を上げられます。
Wikiのマップ解説を読んでおくとマップごとの動きがわかりやすくなります。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 初心者講座とあったので読んでみたのですが略称使いすぎじゃないですか?中級者向けなら分かるのですが初心者の自分にはちんぷんかんぷんです -- 2016-07-18 (月) 06:00:29
    • どの項がわかりにくいとか具体的に指摘してくれると改善につながるのでよろしくお願いします。とりあえず、分隊の編制についての項に略称の説明を加えました。 -- 2016-07-18 (月) 09:44:29
      • FPSは聞いたことのある人も多いかと思いますが、それ以外のRTSなどの単語はあまり知られていない、ピンと来ない方も多いのではないかと -- 2016-10-21 (金) 17:45:04
  • 開幕 とにかくポストトリガーの制圧が最優先です。
    ってトレードポートと1stYardだと違う思うし、削除していいかな?
    大事なのは開幕前に意思表示をすること、PT取れたらよし、取れなかった場合のリカバリを考えておくことだし -- 2016-07-18 (月) 20:31:44
    • 自分はこういったルールなのだから、PTの制圧は重要だと思う。とはいえ、木主の言い分にも一理あると思うし、ここでそういった議論をしても長引く上に恐らく答えは人それぞれになるんじゃないかな。あまり「マップ毎の~」や「取られた場合のリカバーを考え~」と続けていくと初心者向けの範疇を超えてしまうし、まずは「PT大事」だけでも良いのでは。 -- 2016-07-18 (月) 21:21:06
      • 自分の上げたマップの※欄も荒れてるし、細かく書くのもアレだと思う。ただ役職に関係なくってのも全員集まっちゃって危険かと。
        まずはPTの取り合いになる。とり損ねた場合のために自軍TTへの侵攻ルートに保険の防衛はいる。
        っていうのは全マップ共通だし書いていいんじゃないかと思う。リペアは次の項にあるしいらないかな。
        あとは戦闘開始前に移動先で意思表示するのは事故防止になると思う。 -- 2016-07-18 (月) 21:55:39
    • 次点でTT、次にリペアって書いておいた -- 2016-08-08 (月) 23:49:16
  • パーツ選び発展を追加 -- 2016-08-09 (火) 19:23:38
    • オプション設定の項目にホーミングミサイルの際に壁越しに撃つための視界について追記しました。 -- 2016-10-21 (金) 18:02:36
  • 基本的な戦闘の流れのどこかに、「常にポストチャージの現在数値を意識して行動しよう。」って記載があった方が良くないかな。自分もまだランクスLv20にもなっていないからアレだけど、ポストチャージ勝ってる状況で無理に攻めたり、逆に終盤でポストチャージが大きく負けてるのに攻めなかったりする人を見かけるのは、点数差がどの程度あるのかを意識できていないからだと思うし。 -- 2016-08-28 (日) 14:59:55
  • 初心者にHV僚機やSN僚機をすすめるのはあまりよくないんじゃないだろうか
    あと、僚機SPにFH搭載してスキル搭載すること、とか書いといたほうがいいのではないだろうか
    装甲とか適当でもどうにかなるけどSP僚機のスキルは超重要だし -- 2016-09-11 (日) 21:44:58
    • 序盤に僚機に乗せるFH買う金なんか無いんじゃないかな?今始めると、アイノ/ハインライン/サリーナから1体と、応援キャンペーンのモリィ。あとシングルモードseason1をパーフェクトクリアすればロドリックだが、初心者でいきなりそれは無理。 -- 2016-09-12 (月) 00:46:56
      • 今Season1の難易度下がってるからコンプリート簡単だよ。あとブリジットも手に入らなかったっけ?とにかく、無料で手に入ったFHの使い道は慎重に考えるようにこのページに記載しておくべきだと思う。 -- 2016-09-12 (月) 12:37:52
      • 配布FH使ってしまったよ、残り1人だし早く追記してくり~ -- 2016-09-15 (木) 18:11:59
      • 最初に3人から選ぶ一人とシーズン1でモリィ、☆3コンプでロドニキ。その後試合を重ねればブリジットとテセウス追加で5人まで揃いますね。できれば初試合前にリザーブ枠の一人はBITで購入しておきたい。 -- 2016-11-07 (月) 22:30:37
    • 一応書き足してみたけどもなんだかイマイチしっくりこないので誰か助けt -- 2016-09-19 (月) 22:57:42
      • おすすめの兵科のところを「自機で乗りたい兵種1機とサポート2機」に書き換えるのはどうだろう。今の記述だと自機までSPにしちゃう人が出てきそうでちょっと怖い。 -- 2016-09-19 (月) 23:11:57
      • 文言そのまま借りて書き換えたった。そいや兵種毎のおすすめスキルとかどこにも載ってないのかな、みんな編集してっていいのよ、いいのよ。 -- 2016-09-19 (月) 23:47:34
  • 各企業パーツに新たにカルテルの項目を追加オネガイいたしますー(編集の仕方わからんです・・ -- 2016-11-06 (日) 19:15:40
  • 分隊編成のところ、これ本当に初心者向け?ASSPSPがATK向いてるとか、ASTでENASSNを推奨する(しかもGIWレダ)&説明文の内容とか、SAFに僚機EN勧めさせずこの僚機のチョイスとか…特にSAFのは絶対おかしい。つか初心者に自機軽量と自機STと僚機重量を勧めるのは誰の為にもならんだろ… -- 2016-11-07 (月) 23:37:32
    • てことで修正したいんだけど、変更しようと思って書いた内容がマップ把握と装甲やfhが揃ってること前提の構成ばっかなんで助けてください何でも(ry -- 2016-11-07 (月) 23:43:56
    • 現状に対しての変更は必要だと思います。例えば初心者はまず何を学ぶべきか、などです。そのためには初心者がプレイしても自軍にとって負担の大きくない分隊編成も必要かと思います。 -- 2016-11-08 (火) 17:05:42
    • 一応、公式のロール別攻略ガイドに載ってる編成そっくりそのままではある。少なくとも初期には、この編成と役割が合うようにゲームデザインがされていたということだろう。その後いろいろ新しい要素や変更が導入されたので乖離してしまったか、プレイヤーの集合知がデザイナーの想定を超えてしまったか。あるいは逆に、未だにプレイヤーがデザイナーの想定に追いついてないのか。 -- 2016-11-08 (火) 17:25:16
    • 初心者の場合、ASSPSPをASENSPにしてSPに複合積んで補給と回復を1機で済ませ、ENを先行させレダ貼りつつ前進というのが良いんじゃないかな、初心者は何よりもレダの重要性を学ぶべきだろ。 -- 2016-11-08 (火) 18:40:32
    • とりあえずATKとASTの例一を改定 -- 2016-11-10 (木) 20:38:50
      • ASTの説明文を修正。「制圧と遠距離攻撃を重視。ENによる制圧と遠距離攻撃により敵を撃破する。機動力により戦場を移動しまくり隙をついて制圧することが大切」はさすがに… -- 2016-11-10 (木) 20:58:26
      • SAF説明文を、Z&S製もおすすめするようちょい改定 -- 2016-11-10 (木) 21:00:31
      • お勧めの構成(パーツ構成)までここに書いてしまうのはちょっとやりすぎ。何通りか流儀があるわけで、俺の方がお勧めと言い出すと収拾がつかなくなるので、お勧めのカスタマイズのページへ誘導で良いと思う。 -- 2016-11-10 (木) 21:21:52
      • 了解。移植します -- 2016-11-10 (木) 21:33:51
      • しようとしたところ、完全にかぶってました。移植はなしにしときます -- 2016-11-10 (木) 21:39:23
      • 武器と装甲に関する文章を削除。特殊は動きに直接関わるので放置。ASTの例一は削除すべきなのか分からん。初心者におすすめすべき動きっぽいけど、どうなんだろ -- 2016-11-11 (金) 02:27:04
  • 初心者は中堅、ベテランから見たら隙だらけやから単独行動せずにASSPSPでポスト取りに行った方がいいと思います。遮蔽物の後ろにキット置くのも忘れずに僚機は操作は慣れてないだろうからできるだけカバーさせよう。ランク30になったら自分に合った兵種と編成を模索しよう。 -- 2016-11-11 (金) 04:12:11
    • ランク15までにすべてのマップを覚えてランク20~25までに得意な編成を見つけておかないとカジュマでも戦犯確定な気がする
      早めに決めておかないと装備集めるの大変だからランク30まで引っ張っちゃうとランクマ勢とザコ装備で戦うことになるからきつい -- 2016-11-11 (金) 11:01:41
      • まあ装備の事言われると辛いけどASで基礎的な立ち回りしっかりやっておかんとどの兵種いっても通用せん気がする。敵が迎撃出来ず僚機が手放せないST、近中距離戦が出来ず芋狙撃しかできないSNとかになりそう。 -- 2016-11-11 (金) 11:24:04
      • ホミサに頼ってガトが当てれず前に出れないHVも追加で -- 2016-11-11 (金) 20:29:32
      • ソロでもMAP探索できるモードが欲しい -- 2016-11-21 (月) 10:54:13
  • MAP施設に加えて各機体や設置されたキットのアイコン等も解説をお願いします -- 2016-11-20 (日) 08:39:08
  • 新規が折れやす場面として”【悲報】俺氏僚機にすら勝てず泣く”ってのがあると思うので軽く対処法書いておきます。 -- 2017-02-13 (月) 11:23:16
    • 【共通】僚機には視界というものがあり視界に入っており装備武器の射程内なら若干のタイムラグ(兵種によって差がある)のあと攻撃してきます。例外として相手の旋回力を超えるスピードで視界外に移動すれば射撃攻撃はされません(格闘はやってくる)が視界内に捕らえようと旋回はしてきます。警戒移動中の対処としてはまず遮蔽物の所まで移動しその後顔を出し攻撃し敵僚機が撃ち始めると隠れるそして敵が撃つのをやめたらまた攻撃するを繰り返す事により敵僚機攻撃前のタイムラグ中にこちらの攻撃を入れる事ができます。カバーしている僚機の対処法としましてはグレネードがある場合は使用するとすごく楽です。距離が遠い場合は投げ込むより遮蔽物のわきに転がす方が遠くまで届きます。無い場合一番は単独で挑まないことですがどうしてもやらないといけない時はまず観察し相手の体がはみ出してるとこを狙って撃ちます。敵僚機は撃ち返してきますが後は警戒移動時と同じように隠れて撃つ隠れて撃つの繰り返しですが時間をかけると敵リーダー機に攻撃されたり裏取されたり碌な事がないので周辺警戒を怠らず無理と思ったら早めに離脱しましょう。 -- 2017-02-13 (月) 12:07:30
      • 【サポート僚機】カバー時は高精度の射撃を行い討ち始めるのも早い方ですね。複数体で一斉射撃されると一瞬で溶けるので注意。こちらがアサルトならグレネードが有効ですね。砂ならスコープをズームして射程外からはみ出してる部分を撃てば楽に倒せます。ヘヴィなら2体ぐらいまでなら正面から撃ち合っても勝てるかもしれません。ライフルの射程に入っても攻撃してこない場合はショットガンに武装変更されてるかもしれないので不用意に近づかないようにしグレネードやはみ出してる部分をねらいましょう。アサルトライフルは厳しいかもしれませんがガトリングならけっこうダメでます。あと急速接近してショットガンで攻撃して来る事(僚機ラジコン)もあるので移動優先で走ってくるのを見た場合は安全を取るなら味方が多い場所まで逃げましょう。 -- 2017-02-13 (月) 12:35:56
      • 【ヘヴィ僚機】基本ガトリングを装備しておりミサイルはほとんど見ないですね。よくこちらのサポート僚機がこいつに狩られるのでできれば早めに対処したい相手です。警戒移動時はガトリングの空転時間により撃ち始めるのが遅いので単独で居るなら対処は比較的容易です。ただブラスト以外のアサルトライフルしかない場合は倒すまでにかなり時間が掛かります。適当な所まで削ったらあえて近づいてくるのを待ってショットガンで倒すのいいかもしれません。最近人気なのか知りませんが3、4体のヘヴィ僚機が同時に来る事が有り弾数的に一人では厳しいのでうまく連携して倒しましょう。カバーしてても対処は同じですね。空転時間で撃ち始めるのが遅いのでそこを狙います。ともかく生かしておくとこちら僚機の被害が増えるのでロケット持ってる場合は早めに処理してあげて下さい。 -- 2017-02-13 (月) 18:37:18
      • 【スナイパー僚機】私自体あんまり対峙したことないのでちょっと自信ありません。最近はほとんど連射速度の速いカルテル製のチェッキーノを装備してますね。理由は不明ですが撃ち始めるのがすごく遅いという特徴があるのでカバーしてる場合は相手の視界に入る⇒顔出す⇒攻撃する⇒撃たれたら隠れるで倒せますが二回目からはできるだけ撃たれる前に隠れましょう。HVは足が遅いので隠れる前に大ダメージ受ける事もあるので注意。足の速さを生かして側面や背面を取って来る時も多いですので相手に居る事がわかってる場合はマップをよく確認して来たらすぐ遮蔽物等で視界をいったん切りましょう。一度切ればまた撃ち始めの長いタイムラグが発生します。 -- 2017-02-14 (火) 09:48:41
      • カバー中の僚機のうち、スナイパーライフルとロケットランチャーの2つは他の武器よりも攻撃開始が遅く設定されている。逆にそれ以外の移動攻撃中や膝射状態では他と大差ない速度で攻撃してくるため注意が必要だろう。また、僚機は基本的にマップに写っている敵機のうち最も近い位置にいる敵を狙うことから、自軍の僚機を前に出しつつ進むことで被害を最小限にできる -- 2017-02-14 (火) 16:46:24
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White