Top > Highway

Diff of Highway

#include(マップ項目,notitle)

&attachref(./Highway_20161006.png,50%);
&attachref(./Highway_20161006.png,75%);
※2016/10/06時点のものです。

#include(マップ施設,notitle)

*About map [#d0430170]
旧世界の大都市圏。その多岐に渡る流通を支えた幹線道路を中心に構成された競技場。
ビルの谷間を縫うように走る巨大な高架道路で、全体の一日あたりの交通量は、およそ100万台に達したと言われる規模であった。
この総路線長300kmを超える道路網は、隕石落下の被害により壊滅的な被害を受けたが、人のいない地上の道路を復旧する意味はなく、ただ崩れ去るままに放置されていた。
かつての繁栄を物語っているこれらの遺構が、競技場として再利用されることで、一部とはいえ保存されることを喜んだ者も多いという。
*ポイント [#point]

実装日:2016年4月1日実装
 高低差が激しく、進入経路の多い防衛の難しさが特徴のマップ。
全体的に拠点間の距離が短いため、拠点の奪い合いになりやすい。
現状では初動の定石は無いが、自TTから敵リペアを奪いやすい位置にあるため、初動PT組と初動TT組で挟撃をしやすい。~
 大きな高低差によって、特に爆発物が有用なマップである。
低位置から高所に投げ込めるグレネード、高所から撃ち下ろし爆風ダメージを与えやすいロケット、そもそもの高低差を無視できるキャノン等。
ミサイルはPT北南の細い通路等であればある程度有用だが、遮蔽物が多いので他の爆発物ほどの強みはない。
他の機種・武器の場合、SNの牽制射、通路の狭さ・多さからガトHVの角待ちや、ENの裏取りと警戒用のレーダーも脅威となる。~
 上記の特性上、逆転が他のマップに比べ容易と言える。
そのため勝っていても最後まで油断せず、負けていても諦めず戦おう。
総じて、展開がめまぐるしく変わるマップのため、重要地点の戦力比の把握が重要となるマップといえよう。
*コメント [#comment]
#pcomment(,reply,10,)